バンガロールの日系現地法人で働く文科系男子のインド日記()

大手損保→人材ベンチャー→実家のあれこれ→日系現地法人とふらふらしている文科系男子のインド備忘録

備忘録:「インド駐在妻vsインド現地採用女子論争?」

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

文科系男子ですからね、ネットサーフィンは趣味です、ええ。

ということで、最近インド系のタイムラインで発見された事象をまとめてみました。

 

【留意点】

留意点1:オサダ自身のポジショントークを開陳する気は皆無です。

留意点2:私の場合は「みんな違ってみんないい」(みつを)です。

留意点3:あくまでもまとめです。

f:id:osadaken:20180824015226j:plain 

 

1.きっかけ的な

元インド在住でインドブロガーである@kayoreena1021さんのこの呟きでしょうか。

f:id:osadaken:20180823010904p:plain

https://twitter.com/kayoreena1021/status/1029562261222780928

 引用元:Twitter@kayoreena1021 

 

オサダはブログのランキングとか分からないのですが、PV数は「にほんブログ村」で既に1位のような気がしないでもないような。(この辺疎いので誰か解説願います)

 

f:id:osadaken:20180823011157p:plain

引用元:にほんブログ村

インド情報 人気ブログランキング PVアクセス順 - 海外生活ブログ村

 

2.どうなったか

こんな感じになりましたよと。

リプライが公開されているので、ご高覧頂ければ大体の感じはつかめますよと。

ただ、双方のリプを探そうにも片方しかないので、両方の意見をまとめるのには難がありそう。(見つけた方いらっしゃりましたら教えてください。)

 

f:id:osadaken:20180823012016p:plain

引用元:Twitter「インド ブログ」検索結果より

インド ブログ - Twitter Search

 【お詫びと訂正】よく見たらちゃんと残っていました。

 

f:id:osadaken:20180825151526p:plain

 

f:id:osadaken:20180825151706p:plain

引用元:Twitter

https://twitter.com/kayoreena1021/status/1030221711726133248

 

3そのほか

あとはブログでこんな感じですかね。

詳細内容はリンク先からご覧頂ければと。

 

 

ameblo.jp

引用元:アメブロ 

 

ameblo.jp

引用元:アメブロ

 

 

 

ameblo.jp

引用元:アメブロ

 

という感じの備忘でした。

72回目のインド独立記念日/Independence day in India

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

 

ということで、来印してから二度目の独立記念日ですわ。

f:id:osadaken:20180815135845j:plain

今年は72回目のインド独立記念日ですね。大英帝国からインドが独立したことを記念する特別な日ですよと。

 

毎年恒例となっているモディ・インド首相演説もリアルタイム(英字字幕)で見てみました。

 

1.独立記念日モディ・インド首相演説

【テキスト・動画まとめ】

 

www.indiatvnews.com

indianexpress.com

 

 

【ライブ中継&討論セッション】

www.youtube.com

 

2.モディ/インド首相演説の雰囲気

2019年に首相選挙?を控えているので、めちゃくちゃ気合いが入っていましたね。若者、貧困層、女性、農家といった票田になりそうなステークホルダーへのメッセージが強調されていました。

 

あとは、2014年からの総括というか、今までモディ首相が達成してきた事績をまとめているように感じられました。

 

Swachh Bharat(公衆衛生や生活インフラ強化政策)で少なくとも子供30万人は救えた。

WHO has recognised that India's Swachh Bhara campaign has saved the lives of at least 3 lakh children: PM

 引用元:

72nd Independence Day | PM Modi at Red fort: 'Impatient to take the country on number 1 spot' | Top Highlights | India News – India TV

 

政府のヘルスケア施策で5億人のインド国民に恩恵があった。

The healthcare initiatives of the Government of India will have a positive impact on 50 crore Indians. It is essential to ensure that we free the poor of India from the clutches of poverty due to which they cannot afford healthcare

 引用元:

72nd Independence Day | PM Modi at Red fort: 'Impatient to take the country on number 1 spot' | Top Highlights | India News – India TV

 

2013年のままだったら、100年経っても成長してなかっただろうというのが、めちゃくちゃ印象的でしたw

 

3.モディ/インド首相演説の中で強調されたキーワード

内政重視なんかなぁという感想です。

 

若者向け

  • Maned Space mission
  • Empoyment opportunities for Youth

農家向け

  • Double incomes for farmers by 2022
  • Green and blue innovation

貧困層向け

  • Modi care policy
  • Cure policy for poor

女性向け

  • More respect and opportunites to Women
  • Improve women security
  • Opposition to Triple taliq

ジャンム・カシミール方針

  • Development all for J&K
  • No GOLI No GAAL (Neither bullets nor brickbats will solve the Kashmir issue)

未来志向方針

  • 4th Industrial revolution in India

 

去年から引き続きの施策は以下ですかね。

  • 因習からの解放に向けて引き続き戦う。(Tripe Talaq:イスラムの風習で夫から三回離婚を切り出されると妻は応じざるを得ないってやつ)
  • カシミールは平和裏に解決するぜ。暴力では解決できない。


4th Industrial revolution in Indiaが気になるところなので、追いかけてみましょうかね。

 

備忘録:インド・Twitter日本人アカウントのまとめ

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

こっちに来てからの日課は毎朝GoogleChromeで「インド」「バンガロール」「ベンガルール」と日本語検索することです、ええ。でもNNA(共同通信系)が多いので、Twitterでも何か情報ソースが欲しいなぁと思う今日この頃。

 

ということで、まとめてみましたよと。

 

*個人的には、インドに来たくて来た人もいれば、来たくなかった人もいるので、謎の選民思想を醸し出すアカウントやインドにいる年数だけ自慢してマウンティングしているアカウントは個人的には苦手です。ネットウォッチ的には面白いけどw

f:id:osadaken:20180804141330j:plain

 

 

 

1.インド駐在・現地採用系

インドで働いている日本人のTwitterアカウントですね。

 

1)@gakushinodaさん(バンガロール)

インスタの写真がいつも神がかっているのと、Twitterのタイムラインを拝見するだけでインドの最新トレンドや日印関係情報が深く理解できます。

twitter.com

 

2)@Neina_deewaniさん(デリー・グルガオン)

リアルな経験に基づいているブログの記事が好きです。

デリーの休日

twitter.com

 

2.インド士業系

インドで公認会計士、税理士をやられている方のアカウントですね。プロフェッショナル系かつ自前で事務所をお持ち(=経営者)なので、勉強になります。

 

1)@hirokinoseさん(デリー・グルガオン)

市況かぶまとめ二階建でもおなじみですが、対インド人スタッフ折衝やリアルビジネスのつぶやきがめちゃ有難いです。

twitter.com

 

2)@Suzuki_GCさん(デリー・グルガオン)

こちらも公認会計士。マクロな業界情報発信が多め。

twitter.com

 

3.インド起業系

インドで起業されている方々のアカウントですね。事業領域が分かれているからそれぞれのつぶやきが面白いです。

 

1)@ShibataYosukeさん(デリー・グルガオン)

我らがシバンズ(インド発日本人向けフリーペーパー)。

twitter.com

 

2)@sekinoindiaさん(デリー・グルガオン)

人材系Miraist関野社長。Jなんたらとかいう残念系エージェントが出すステマ記事とは違い、インドのリアルを語っていらっしゃるので、好きです。

twitter.com

 

3)@saitokota0627さん(バンガロール・デリー・グルガオン)

若手起業家インド歴最長。半端ねぇわ。

twitter.com

 

4)@tokchinさん(ムンバイ)

在ムンバイ。かなり生々しい。

twitter.com

 

4.インド留学系

インドで正規留学されている方のTwitterアカウント。インドのアカデミックや大学事情をリアルに理解することができます。

 

1)@ind_studyabroadさん(バンガロール)

かっちゃん。インドにおける大学生(インド人やインド国外からの留学生)の日常が分かりやすく描かれています。

twitter.com

 

5.インドVC系

インド地場で投資や調査を実施している投資家系Twitterアカウントです。インドの最新テック情報、スタートアップ情報に触れることができます。気づいたら、2人ともバンガロールなのねw

 

1)@nao_IFIさん(バンガロール)

twitter.com

 

2)@yukanonさん(バンガロール)

twitter.com

 

6.インド生活者系

生活者というくくりが正しいのか怪しいですが、「インドのライフスタイル」や文化・食、歴史といったソフト面での理解が促進されますね。

 

1)@museindiaさん(バンガロール)

バンガロールレジェンズ。インド歴13年。ブログも半端なく濃く充実しています。

インド百景 2017

 

twitter.com

 

 

備忘録:1年間の中で出くわした示唆に富んだ事例とか

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

 

渡印してから1年が過ぎてしまいましたが、別にポエム記事を書くつもりは一切ないです。「日印の架け橋に~~~!!!!!(但し具体的なアクションプランはない。)」とか殊勝なことを宣言する気も毛頭ないです。

 

代わりに、この1年で出くわした示唆に富んだ事例をつらつらと書いていきます。

 

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!(中略)な… 何を言ってるのか わからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…」

 (ポルナレフAA省略)

 

【脚注】

ポルナレフ状態 (ぽるなれふじょうたい)とは【ピクシブ百科事典】

 

 

1.視察(意味深)

ネットサーフィンをしていたら、以下のような事例に出くわしたのですが、いやいやいやそこまで酷くはねぇだろと思いきや、ベンガルールでもマジにありましたわw

 

www.businessinsider.jp

いやですね、自分でも何が起こっていたのかよくわからなかったのですが、以下分からないなりにまとめてみましたよと。

 

【状況の整理】

1)某地方自治体の要人がインド人経営者向けに講演会実施。

 

2)ただ、内容がノープラン並びに英語無しでかつ、「人口ねぇ!産業ねぇ!少子高齢化!インド人かもん!!!また具体案出すぜ!!」というまさかの蟹工船プレイ。

 

【脚注】蟹工船

蟹工船 - Wikipedia

 

3)案の定、インド人総スカン。「お前インド人エンジニアの相場分かっているのか!!!」、「お前ら日本人は来ても何も決めないで視察だけじゃねぇか。」→ぐうの音も出ない。

 

地方創生の一環として、移民政策もあるのだと感じました(小並感)。

 

でも、こーいう事象によって、「日本人はこんな感じか(笑)」と思われたくないなぁと感じました。

 

2.意識の高い視察支援要請From Japan

某日系名門大学経営大学院様からの視察支援要請ですねぇ。

 

【状況】

1)某研究室から「この日にベンガルールへ行くから企業のアポ取り手伝ってくれへん?おれらコネあるとこあるからさ、この産業とかベンチャーだけ頼むわ。」という要請あり。

 

2)「いや要件定義が先やろ」とメール返すも一か月返信なし。

 

3)希望訪問先企業にメリットのない企画書が来るも、案の定、希望先企業からは「そんなんやってまへん」と粉砕される。

 

4)オサダから「で、どうします?」とメールするもまた一か月放置。

 

5)最終的には、「別な紹介口から探すからええわ、まぁお前らの協力は感謝してるで、ほな。」というメールがwwww

 

自分にもっと価値をつけようと思いました(小並感)。

 

3.日本からの無給インターン生

意識の高い学生(笑)を体現していた自分としては、懐かしい気持ちになりました。

 

【特徴】

1)恐らくビザの関係で無給か

2)就労体験ということであくまでも無給

3)斡旋会社経由

4)たまに日本でも従事可能な業務に従事されている方も

5)たぶんビジネスビザ取れていれば有給インターンもいたか

 

いや、本人が良ければそれでいいんですけど、日本でもできそうな業務をわざわざインドまで来てやろうとするのってどうなんかなぁ、とふと思ったりと。ただ、雑務を無給でやってくれるのは使用者側からすれば垂涎の、おっと誰かがきたようだ(ry

 

とりあえず、この1年でバンガロールにいるだけでインドっていう国に対して、なんでもかんでも一般化しようとすると危ないのかなぁという感覚になりました。(小並感) 

備忘録:カルナータカ州、ベンガルールの面積とか

インド人:?????「日本人は視察に来てもただ見に来ているだけで何もやらねぇじゃねぇか!!!人の時間を何だと思っているんだ!!!(激おこ)」

日本人:?????「えっ、えっ、あ、はい。前向きに検討してですねぇ(棒)」

 

木霊ですか?、ええ木霊です。(小並感)

 

久々に備忘ですかね。意外と意識しないまま住んでいると、どれくらいの面積で日本の国土と比べるとどんなんだっけかとなってしまうような気がしまして。

 

 

1.カルナータカ州面積

191,791km2/インド第七番目の面積

日本の面積のほぼ半分くらいですか。

とはいえ、インドの州面積順番ランキングってなんだっけ。。

はい、ソース見つけた。

www.jagranjosh.com

1位はジャイプール擁するラジャスターン州(パレスがめちゃ綺麗)ですか。ラジャスターン州面積342,239 km2は日本より(377km2)ちょっと小さいくらいかww

カルナータカ州に近い面積だと、6位にグジャラート州(ガンディーの生誕地)がつけてきていますね。

 

日本の地域別面積リストもまとまっているもんなんですね。

地域別国土面積比率(北海道・東北・関東・中部・中国・四国・九州・沖縄 平成22年10月1日現在) - 人口・面積・人口密度・

これで見ると、カルナータカ州は面積だけいうと、北海道+東北+関東と同じくらいってことなんすかね。

 

2.ベンガルールの面積

さて、ベンガルールの面積ですが、709km2らしいです。

東京都23区が626km2とすると、やや大きいイメージですかね。オサダ出身地の焼津市の約10倍かw

シンガポールが700km2ちょいだった気がします。

 

国土地理院っていろんなデータ揃ってますねぇ。

【過去に公表した面積調(昭和63年以降)】

http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO/backnumber/GSI-menseki20161001.pdf

 

3.ベンガルールの人口とか

CENSUSパイセンを見ると、最低でも890万人はいる計算になりますかね。

CENSUS:10年に1回行われるインドの国勢調査みたいなもの。

http://pibmumbai.gov.in/scripts/detail.asp?releaseId=E2011IS3

いろんなソースに当たってみると、約1000万人はいる計算になるのかしら。

 

すげぇ記事もありました。このまま人口増えると2000万人都市になってしまうぞとw

www.thehindu.com

 

とりま、都市別人口ランキングがネットに落ちていたので、貼ってみるなど。てかパキスタンのカラチすげぇなwwインドのはCENSUSの部分から引用してきたんでしょうか。

f:id:osadaken:20180722194750p:plain

引用元リンク:

City Mayors: Largest cities in the world by population (1 to 125)

 

突撃、隣のIIM-B【日印スタートアップハブ】

最近、日本でも十分できそうな業務内容なのに、キラキラした目でインドで意識高い高いをしているインターンの学生さんを見ると、この現象にどんな名前をつければいいのか分からなくなります。15万円(往復旅券)+α(生活費)かけるよりも、オリンピックセンターに行って合宿した方がコスト浮くのではないかと。「インドという未開拓エリアでインターンしているおれかっけー!!!」というのがメンタリティなんでしょうか。

 

ということで、VIP狙いの営業目当て(発想がゲスい)で潜入してきましたよと。存外に興味深い内容でしたので、レポートですん。

 

  

そもそもIIMって?

Indian Institute of Management/インド経営大学院

IITといった超名門校と並んでインドにおけるビジネススクールの最高峰。

インド全土に6校あります。

 

【IIMマップ】

IIM Location Map

 

画像リンク元:

IIM MBA Programs, IIM Campuses Locations India Map

 

グローバルにおけるプレゼンス

FTにおけるランキングもそこそこ高いです。ISBには負けてますけどw

IIM-A: 31位

IIM-B: 35位

rankings.ft.com

 

倍率は超厳しい:約400倍・・・

約20万人が定数500の入学資格を巡って戦いますw

(記事はIIM-Lのもの)

www.hindustantimes.com

 

これがIIM-Bだ!!!!(キャンパス外観)

所感はリアルラピュタです。空中庭園と言ってもいいかもしれません。

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:å±å¤

エントランス:

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人以ä¸ãæ¨ã空ãå±å¤ãèªç¶

校内風景

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:æ¤ç©ãå±å¤

中庭

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:æ¨ã空ãæ¤ç©ãé²ãå±å¤ãèªç¶

 

日印スタートアップハブ構想

要は「日印二国間でのスタートアップ交流、ベンチャーキャピタルの交流もっと活発にしていこうぜ!そして投資バンバン!!イノベーションじゃあ!!!」ということなのかなぁと思料します。

 

元をたどれば、2017年のモディ・安倍首相の共同宣言に「日印スタートハブ」なる文言がありますね。

 

31 両首脳は,両国の活力があり革新的なスタートアップ・エコシステムの間の情報交換,ビジネス協力及び投資を促進するプラットフォームとしての役割を果たすインド日本スタートアップハブを設立するために緊密に連携していくことを指示した。

 

 引用元:日印共同声明(和文)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000290053.pdf

 

あと、経団連にもソースが落ちていましたよと。

インドのビジネス・リーダーは、「日印スタートアップ・ハブ」を構築し、両国政府から其々25%、日印のエンジェル、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティから50%の出資によるスタートアップ基金を設置することを提案した。この基金は両国の優秀な頭脳を集め、起業時に共同事業を行うと共に、起業を監督指導する「日印起業円滑化セル」を主導する。また、起業家やベンチャーキャピタルなど関係者が定期的に会合を行う「日印スタートアッププラットフォーム」、ビジネスインキュベーションのプロセスや新たなインキュベーションモデルについて検討する「日印インキュベーションフォーラム」の設置も担う。

 

引用元:

経団連:日印ビジネス・リーダーズ・フォーラム2017共同報告書 (2017-09-14)

 

世耕経済産業大臣の演説抜粋

上記のような流れがあり、本チャンということで世耕経産省大臣がベンガルールへ降臨。 

 

生政治家の演説って何気に初めてだったので、めちゃ勉強になりました(小並感)

 

演説骨子

・日印は素晴らしい二国間関係である。ここまで密度の濃い二国間関係はない。

・日本のハード、インドのソフトを融合させればソサエティ5.0社会実現に向けたイノベーションを創造することができる!

・まずはジェトロベンガルール内にハブ作るからそこから盛り上げていきます。

・日本のビザ制度は最速1年で永住権府付与なので、インドの皆様に是非日本で働いてほしい。ポイント制で是非とも高度人材に来てほしい!

 

当日の雰囲気

・世耕大臣すげぇ!!!!!

・日本始まったなぁ!!!

とはいえ、、

・定員300人は埋まったけど、日本人はたったの12名弱の参加w

・やや胡散臭い業者臭のするインド人が多かったようなw

 

その後について

世耕大臣はやる気みたいっすね。

「日本企業はインドでの事業に必ずしも積極的ではなく」の文言がじわじわきます。

f:id:osadaken:20180506125147p:plain

引用元: 世耕大臣Twitterより抜粋

 

デカンヘラルド(地元紙)でも触れてもらいましたよと。

www.deccanherald.com

 

 

素人目線ですが、今後こうなるのではないかと。

・ジェトロでのスタートアップ系イベントが増加。

・インド人を日本へ送ろうとするビジネスが増加。

・ハブができたから両国からVCが集まりやすくなる?

 

そういえば、日本にて本件を触れているニュース媒体ってないような。(インド、日印スタートアップハブ、世耕大臣で調べても出てこないっていう。)

 

べ、別に報道されない真実!とかプロ市民的なことを言うつもりはないですから(;´・ω・)

ハイデラバード降下作戦!!!!!【IIT所感】

ということで、たまにはタイムリーなやつを。

クソブログも更新しないと錆びるってホントですわ。

 

ということで、古巣インターン先から機会を頂き、日曜日を利用してIITハイデラバードへボランティアとして降下してきましたよと。あ、FBあるあるの「授業やったった(ドヤァ」をする気は一切ないので、ご愛敬。

 

まずは貴重な機会をくださったフォースバレー柴崎社長へ謝辞をば。

 

IITって何よ?

まず、本題に入る前にIITについておさらい。

IIT概要

IIT:Indian Institute of Technology

1951年からネルー首相が設立していった国立大学(理系)群の総称。工学、科学技術を専門としており、ITエンジニアもかなり多く輩出している。インド最高峰の叡智が集う教育機関。倍率がめちゃ高い。日本でイメージするとめちゃくちゃ難しい東京工業大学がインド全土にある感じ。インド全土では16校ある。ちなみにベンガルールのあるカルナータカ州には確かなかったはず。

 

んで、めちゃ優秀なので、外資系企業がこぞって高給で雇おうとしているという。

【参考URL】

Starting salaries for IIT graduates reach Rs1 crore - Livemint

これはオラクルが初任給でIIT卒生を1000万ルピー(日本円換算1700万円)で雇ったというケースですね。

 

IIT競争率

倍率もかなり高いので、かなりの競争率だとか。

 

ちなみに、下表・リンクは試験の結果ですね。データによれば、1,186,000人の受験者がいて、足切(確か上位10%)を経て二次試験で合格率7%ほどのようです。

JEE Main→JEE Advanceの二段階となっています。

 

二次試験だけで、倍率約14倍かよwww(国立後期のそれと同じ程度くらいか)

一次から見てみると、倍率112倍・・・・(白目)

 (もちろん全員が全員IIT狙いというわけじゃあないですが)

 

【JEE Main】こちらは2017年の速報値らしいです。

JEE Main 2017 Result Analysis: Only 6.8% girls in Top 1000 | Shiksha

 

【JEE Advance】こちらは2016年試験の確報。

f:id:osadaken:20180326020608p:plain

https://www.jeeadv.ac.in/Archives-Reports.html

(上記リンク2016年レポートより抜粋)

 

 東工大の入試状況を見てみると、、、

定員886人に対して、4229人の志願者ですよと。6倍弱か。

https://admissions.titech.ac.jp/examination/pdf/h30_zen_kou_shigan_694875_2.1.pdf

 

前、キングダムゆう漫画で「楚では将軍になるのに母集団とてつもない競争を勝ち上がるから将軍の格が違うんじゃ!!!!!」というセリフがありましたが、それを思い出しましたねw

 

世界の大学ランキングにおけるIIT

じゃあ、気になるランキングはというと、こんな感じ。

理系へ特化し過ぎなんでしょうかね。

 

QS

IIT-D/Delhi 172位

IIT-B/Bombay 179位

(東大28位)

 

THE

IIT-B/Bombay 351-400位ランク

IIT-D/Delhi 501-600位ランク

(東大46位)

 

www.topuniversities.com

 

www.timeshighereducation.com

 

いざIITハイデラバードへ

前置きはこれくらいにしておいて、IITハイデラバードへ実際に行ってきましたよと。

 

調べてみると、JICAががっつり資金を投入しているようです。

概要| インド | アジア | 各国における取り組み - JICA

 

IITハイデラバード外観

入口これですわ。看板の見えた瞬間に「うおおおおお????」となりました。砂漠の中に突如現れたIIT!って感じです。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

 

リアル建設中。

画像に含まれている可能性があるもの:空、高層ビル、屋外

 

完成しているのは、生徒宿舎らしいです。

f:id:osadaken:20180326022547p:plain

 

完成予想図はこちらの模様。進捗率(ry

自動代替テキストはありません。

 

いざ授業へ

ということで、民族衣装の装備で100人超のクラスへ突っ込んできました。やはり民族衣装はウケがいいですわ。外見で攻めることができていた気がします。

 

【恒例の年齢当てゲームで爆笑をもらう絵】

みんな容赦なく、35!45!42!と来ていたので、「28歳ドヤァ」の時におけるザワザワ感が中々すごかったです。

f:id:osadaken:20180326023522p:plain

 

IIT学生の反応や所感等

 【前提】出席しないと単位が来ない授業

だが、出席簿埋めた瞬間に離席する学生多数でビビりましたわ(10名規模w)

 

コンテンツとしては、アイスブレーク→日系企業にはどんな企業がいるか(ベンガルール、日本本国、時価総額ランキング、就活ランキング)を話しつつ、日本のマーケット総論(少子高齢化、成熟市場、日本らしさが表れた事例紹介、成功企業事例=メルカリ、日本電産)を説明しましたよと。単にだらだら話しても無意味なので、ソクラテスよろしく対話型授業にしてみました。

 

学生の反応まとめ

オサダが質問した質問への回答をまとめてみました。

質問への応答集
  • 日本へのイメージやキーワードって何かある??→あまりない。アニメ(ナルト、ワンピース)くらい。
  • トヨタって知っている?→10人弱
  • 流石にスズキは有名よね?→30名ほど
  • いやいやマルチのことよ??→60名ほどに増える
  • じゃあ逆に日本の企業で知っている名前あるか?→楽天・・?
  • インド国外で働いてみたい人っている?→7-8人弱
  • 日本って終身雇用が有名なんだけど、1社でずっと働きたい人いる?→皆無
  • みんな何時くらいまで勉強しているの?→23時、遅いと24時
  • じゃあさ、働くことになったら時間外勤務は受け入れる?→皆無(サービス残業の概念については理解不能の様子)
  • 就職の軸は?→自分のスキルを最大限に活かすこと(一括採用&配属ガチャについても理解不能の様子)

 

興味深い反応まとめ
  • 少子高齢化、高齢社会について触れてみたら、「すげぇ」というざわつき(人口分布はインドの方が圧倒的に若い)
  • やっぱりアニメに食いつきよい。攻殻機動隊はサイバーパンクアニメの祖なんだぜと紹介したら興味ありげな感じだった。
  • つくばエクスプレスが20秒早く出発して運営がごめんなさいした話をしたら、「え、意味わからん。別にいいじゃん」な感じの人多数。元ネタはこちら。

    www.theweek.co.uk

  • 民族衣装掴みばっちり。この点はインドどこでも変わらなそうな印象。
  • みんなロジカル。因果関係説明しないとポカーンな顔しよるww
  • 発言や自分の意見を表現することに対して一切びびらない。意見を求められると「えーww」と、はにかんじゃう人いますが、そーいう感じな人はいないような。

所感

  • 日本=アニメっていうソフトイメージ先行なのかしらん。
  • 東南アジアあるあるな「日本への尊敬の念」、んなもんない。
  • 「極東からえれぇ老けているおっさん来たな。」という反応なのかね。
  • 文系文系な内容じゃなくて、理系受けしそうな内容(面白い技術やプロダクト)をメインにした方がもっと食いついたかも。。(´;ω;`)
  • 「名物授業」と呼ばれる講義ってめちゃくちゃ準備されつくした結果なのかと改めて実感。
  • ハッカソンとかやってみたら、面白いのかも。日系企業集めて、「さぁこのお題に対してコーディング頼む!一番には賞金○○円!」とか。

 

という感じなIITハイデラバード降下でしたと。

あー、英語もっとブラッシュアップしよう(小並感